キャッシュフローを考えよう

キャッシュフローを考えよう

最近ではよく、キャッシュフロー経営という言葉が使われるようになり、キャッシュフローの大切さが理解されるようになりました。では実際キャッシュフローとはどんいったものなのか考えてみます。

 

 

 

会社の経営を判断される時に使われる資料としてはまず損益計算書が上げられます。これはいくら売上があって、その売上を上げるためにどれだけの経費をかけたか、利益が出ているのかということを見るためのものです。

 

 

 

この資料をみて利益が出ていると安心して、例えば法人税の支払いのときに現金が無いと大騒ぎになることがしばしばあるようです。

 

 

 

利益が出ていても必ずしも現預金が増えている、余裕がある状態ではないことが多いので、お金の流れを把握するためにキャッシュフローを見る事が注目されてきました。

 

 

 

キャッシュフローを考える上で大事なポイントは、売上があがってもすぐには現金化されないこと、すぐに出て行く費用があることをよく把握することです。すぐに出て行く費用の例としては従業員の給料などが該当いたします。

 

 

 

そのために毎月の入金予定、支出予定を表にすることによって現預金の収支が毎月どれくらいあるか、このままだといつお金が足らなくなるかといったことが把握できます。

 

資料を作るには現金の月初の残高、月末の残高がわかるようにすることがポイントで、入金も売掛金の台帳等から数字を拾っていけば簡単に作成可能です。

 

イレギュラーな支払いとしては、消費税、法人税の支払いもありますのでいつ支払わないといけないのかわかるように項目を作っておけば資金の予定が把握できます。