相続税を支払う人々

相続税を支払う人々

親もしくは親戚などから財産を受け取った場合、基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を超えたら相続税を支払わなければいけません。しかしこの基礎控除を超えるという人はあまりいなく、相続した全体の約4%の人くらいしか支払う義務はないようです。

 

 

 

10%にも満たないのですから、相当莫大なお金を相続しているんだろうな…というイメージが付いてしまいますよね。ちなみに相続するものには現預金、有価証券、土地、建物等の被相続人などが含まれます。

 

 

 

また、外国にある建物なども含まれる場合もあるようなので是非、チェックしてみてください。相続税を素直に支払うのが義務ですが、出来ればあまり支払いたくない…というのが本音ですよね。そこで会計事務所にお願いして少しでも相続税を抑えられるようにと節税対策をすることも多いとか。

 

 

 

節税は脱税とは違い、法に触れていなければ工夫次第で十分コスト削減に繋がります。相続税を節税するためにいろいろと方法はあるようですが、生命保険は非課税対象になるので加入することもまた1つの節税になるようです。

 

 

 

(非課税限度額=500万円×法定相続人数)という計算になるのですが、詳しいことはやはり専門のプロにお願いするのが1番ですよね。会計事務所では、節税だけでなく所得税など税務署に提出しなければいけない書類作成の代行も行っているので長い付き合いになっている人も多いのではないでしょうか。