会社設立、損をしない為にも

会社設立、損をしない為にも

会社設立に関して発生する費用は2つあります。公証人役場に支払う定款認証費用と登記所(法務局)に支払う登録免許税です。公証人役場に支払う定款認証費用には収入印紙代、定款認証手数料、謄本手数料が含まれていて全部で9万2000円ほど掛ります。

 

 

 

登録免許税に関しては、出資金の1,000分の7と決まっていますが、最低15万円支払わなければいけなくなっていはずです。蛇足ですが定款認証のための費用は、全国どの公証役場でも同じとなっています。ちなみにこれらの費用を少しでも抑える方法があるとしたらあなたならどうしますか?誰でも節約することが出来ると聞けば実践したいものですよね。

 

介護 独立開業

 

会社設立を専門にお手伝いしている事務所というのはたくさんありますが、そこに依頼すれば節約も可能となるかもしれません。ある事務所では電子認証の手続きとなるので収入印紙代がカットできますし、登録免許税に関してもオンライン登記申請による軽減措置により4,000円を節約することが可能となります。

 

 

 

また、節約以外にも目的適法性の調査、定款の作成および定款認証の代行、払込証明書の作成、設立時代表取締役選任決定書の作成、就任承諾書の作成、取締役会議事録の作成、印鑑届出書の作成、調査報告書、財産引継書、資本金の額の計上に関する証明書、設立登記の申請書類作成…などなど会社設立にあたって必要な事まで代行もしくはお手伝いしてくれるので利用しないと損かもしれません。