当座比率とは

当座比率とは

会社の経営が安定しているかどうかについてですが、現金の体力がどの程度あるのかということについても重要になります。流動資産を多く持っていたとしても、それを現金化することができないものが多いということになれば、経営に不安な面が出てきてしまいます。

 

 

 

そこで、どの程度会社が現時点で、現金化をすることができるかどうかについて、表した数値のことを当座比率と呼びます。

 

 

 

当座比率は、当座資産を流動資産で割って、それをパーセンテージ化することで分析をすることができます。当座比率の基準として、90〜100%という数値をまず満たしているかどうか、確認をしましょう。

 

 

 

以上の範囲内に当座比率があれば、標準的な企業ということができます。120%を超えてくれば、支払い能力は高いという風に、判断をすることができます。

 

 

 

逆に80%を下回ってきた企業については、少し注意をしたほうがいいでしょう。取引先としても、好ましくないと判断されてしまいます。