経常利益率とは

経常利益率とは

キャッシュフローなどの情報を収集して、一番最初に知りたい項目として、結局自分の会社はどれくらいの収益性を持っているのかということが出てくるはずです。収益性をチェックする場合には、経常利益率を確認するのが最も手っ取り早いです。

 

 

 

経常利益率は、経常利益を売上高で割ったものをパーセンテージ化したものを指します。経常利益率を見ることによって、自分の企業のアキレス腱となっているのは、どこなのかを知ることができる場合もあります。そして、より良い経営体制を構築することもできるわけです。

 

 

 

例えば、経常利益率自体は高くても、営業利益率が低いということになれば、その企業のもともとの本業が不振にあえいでいるということになります。ですから経常利益率が高くても、額面通りに喜ぶことができなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

逆に営業収益率が高くても、経常利益率が低いという場合には、多額の負債を抱えている可能性があるということを意味しています。

 

 

 

 

名古屋 英語