家計簿で考えるキャッシュフローの管理法

家計簿で考えるキャッシュフローの管理法

キャッシュフロー計算書というのは、作成が非常に難しいと考える人も多いでしょう。企業の経理で行う場合には、たしかに非常に大変な思いをすると思いますが。

 

 

 

しかしながら、キャッシュフローの流れをつかめば、基本的な概念はすぐに理解できると思います。そのためには、まず家計簿から計算して見るのも良いでしょう。

 

 

 

キャッシュフローというと非常に難しいものだと考える人も多いと思いますが、簡単に言うと現金の出入りの事を指します。何にどれだけ使ったのかということを把握すればよいのです。そして、それを分類していくこと言う事が必要となってきます。

 

 

 

現金の出入りを把握することによって、何にどれだけを使ったのかという事が分かりますから、それによって長期的な計画を立てる事ができるのです。

 

 

 

キャッシュフロー計算書を作成するためには、まずは家計簿が必要となります。何にどれだけ使ったのかということを把握する事が必要となります。そして、それを分類していくのがよいでしょう。特に法的な決まりはないわけですから、分かりやすいように分類していけばよいでしょう。

 

 

 

一般的な家庭なら、居住費や教育費、保険料などは必須のものとなってくるでしょう。それ以外にも食費などを含めた生活費も分類としては必要です。投資をしているのなら投資した金額や配当金による収入などの分類も必要となります。

 

これらの分類ごとに分けて合計していけば、キャッシュフローの全体像を把握できるのです。