粗利益率とは

粗利益率とは

キャッシュフローについての情報を整理することで、会社についてのいろいろな分析をすることができます。例えば、粗利益率についての分析を行うこともできます。「売上高総利益率」と呼ばれることもあります。売上総利益を売上高で割ったものをパーセンテージ化したものを指します。

 

 

 

粗利益率が高いところを見てみると、比較的企業の規模が小さいところも結構あります。規模の多少と利益をあげることができるかどうかについては、決してイコールではないということを理解しておきましょう。粗利益率が高い企業には、いろいろな理由が考えられます。

 

 

 

まずは、原価のコストを最小限にすることで、利益の効率を高めることができているということが考えられます。また、価格がある程度高い状態で、安定した売り上げを記録していることも考えられます。

 

 

 

例えば、ある特定の商品やサービスを手掛けている企業が少なければ、自分のところで、価格を決定することができます。ですから、価格を高い状態で設定し、利益効率を高くすることができるのです。