キャッシュフロー計算書

損益計算書

損益計算書とは、一定期間の経営成績を明らかにするもので、どのように利益が出たのかを表にまとめたものです。損益計算書を見れば、会社経営にとって重要な利益や損失の状況が把握できます。

 

 

 

損益計算書では、売上高(会社が商品を売り上げたり、サービスを提供することによって得た収入)から、売上の原価や各種の利益や費用を加減して、最終的に当期純利益(その期の営業活動における最終的な利益(マイナスの場合は損))を求めます。

 

 

 

その手順を式で表わすと、
売上高−売上原価=売上総利益
売上総利益−販売費および一般管理費=営業利益
営業利益+営業外収益−営業外費用=経常利益
経常利益+特別利益−特別損失=税金等調整前当期純利益
税金等調整前当期純利益−法人税、住民税および事業税−法人税等調整額=当期純利益
となります。

 

 

 

損益計算書で会社の経営状況を判断する場合は、その期だけを見るのではなく、何年か分を比較して売上や利益が増えているかと見ることが必要です。