キャッシュフロー計算書

決算書の用途

決算書はどのようなことに使われるのでしょうか。

 

 

 

会社が銀行からお金を借りるときには決算書が必要になります。銀行は会社の信用分析を行うために決算書の提出を求めます。銀行は決算書をみて、貸した資金を返済する体力のある会社かどうかを判断し、資金の融資を行うのです。

 

 

 

一般の投資家も決算書を利用します。株の購入を検討している会社の決算書をみて、利益を出している会社かどうか、成長性が見込める会社かどうかを判定します。

 

 

 

また、その会社と取引のある会社の営業担当者も決算書を参考にします。決算書をみることにより得意先の会社の経営状態を分析し、取引を続けても大丈夫か、商品を売ったときに代金はきちんと支払われそうかを判断します。

 

 

 

最も決算書を活用しなくてはならないのはその会社の社員です。決算書の数字から今期の成績はどうだったかを確認し、さらに利益を上げるためにはどうしたらいいかを社員一人ひとりが考え、行動することにより会社は成長してゆくのです。

 

浮気調査 名古屋