キャッシュフロー計算書

決算書の作成

決算書は次のような流れで作成されます。

 

 

 

まず、商品を売り上げた、売掛金を回収した、経費を支払ったなどの取引を帳簿に記入します。これを仕訳といいます。これによって、決算書の基となる情報が帳簿に蓄積されます。

 

 

 

次に、仕訳したものを売上、現金、売掛金など勘定科目ごとに集計します。これを試算表といいます。年末になったら、商品などの在庫の評価、売掛金などの債権の評価、税金の計算等を行います。これを決算整理といいます。多くの会社では決算整理前と決算整理後、2種類の試算表を作ります。

 

法人設立や運営に困ったら

 

決算のときには、その年の分の帳簿記入を締切って、残高を集計したり、翌年度への繰越金額を翌年度の帳簿に写したりします。

 

 

 

試算表上の勘定科目を整理・計算して、貸借対照表、損益計算書キャッシュフロー計算書を作成します。