キャッシュフロー計算書

会計監査とは

会計監査とは、企業の会計に対して行う監査のことです。企業が毎年作成する財務諸表には、経営者などの主観的な判断が入っており、歪められやすいという欠点があるため、この財務諸表が適正かどうかを公平な第三者の立場で監査し、証明する必要があります。

 

 

 

この作業を行うことによって、財務諸表には社会的信用が与えられます。そして、株主などの投資家や債権者がその企業の財務内容や営業成績について正しく判断することができ、利益が保護されることになります。

 

 

 

専門家として会計監査の業務を行うのが公認会計士です。公認会計士は国家資格であり、会計監査の業務は公認会計士だけに認められています。

 

 

 

この公認会計士が5人以上集まって作ったものを、監査法人といいます。大企業の会計監査は個人の公認会計士には無理があるため、監査法人が組織的な監査を行うようになっています。

 

 

 

虎ノ門 歯科