キャッシュフロー計算書

粉飾決済

粉飾決算とは、財務諸表の数字を意図的に操作して、会社の財政状態や経営成績を実際よりも良く見せることです。会社の利益が少ないと営業上不利になることが多く、金融機関からの借り入れにも影響が生じます。

 

 

 

また、株価の下落を防いだり、経営陣の交代を防ぐため、このような不正が行われるのです。

 

 

 

監査を厳格化することで以前より少なくはなってきていますが、会計監査に割く時間も限られているため、すべてを見抜くことは難しいのです。

 

 

 

粉飾決済にみられる会計操作には、実際には存在しない売掛金や売上を計上する、売上時期を操作する(来期の売上を今期に前倒しする)、棚卸資産の数字を水増しして資産に計上する、不良在庫を除去処理・評価減しない、貸倒引当金や退職引当金を実際よりも少なく見積っている、など様々なものがあります。