キャッシュフロー計算書

キャッシュ・フロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書とは、資金の流れを表すもので、年度の初めにあったお金が年度の最後にはいくらになっていたのかという、現金の出入りを計算したものです。資金というのは、現金と現金同等物のことで、現金同等物というのは、当座預金や普通預金などの銀行預金や郵便貯金などの流動性の高いもののことです。

 

 

 

キャッシュ・フロー計算書には、営業活動によるキャッシュフロ−(その会社の本業の営業活動による資金の増減)の合計額合計、投資活動によるキャッシュフロ−(投資活動で生じた資金の増減)の合計、財務活動によるキャッシュフロ−(営業活動や投資活動を行うために調達または返済した資金の増減)の合計、現金及び現金同等物の期首残高、現金及び現金同等物の期末残高が記載されます。

 

 

 

 

 

これを計算式で表すと、営業活動によるキャッシュフロ−の合計+投資活動によるキャッシュフロ−の合計+財務活動によるキャッシュフロ−の合計+現金及び現金同等物の期首残高=現金及び現金同等物の期末残高 となります。

 

 

 

池袋 歯科