キャッシュフローの分析方法

キャッシュフローの分析方法

キャッシュフロー計算書には色々な事が記載されていますから、それぞれを分析していくことが必要となってきますが、項目ごとに何が記載されているのかということを判断しなければなりません。

 

 

 

キャッシュフローを計算するときには、営業活動と投資活動と財務活動の3つに分けて計算する事が多いようです。分析方法を知るためには、それぞれの項目の意味することを把握する必要があります。

 

 

 

営業活動というのは、本業としての営業活動を指します。営業活動のキャッシュフローというのは、本業から得られた資金の流れと考えられます。本業がしっかりしているのかどうかということはこの部分で分析をする事ができると考えられるのです。

 

 

 

投資活動というのは、企業が事業を拡大するときなどに行う設備投資や証券投資などを指します。積極的に投資を行っているのかどうかということは、この部分で判断する事ができるのです。成長している企業は積極的に投資を行っているという傾向があるでしょう。

 

 

 

財務活動というのは資金調達に関するものだといえるでしょう。営業をするためには何らかの資金調達が必要となってきます。例えば、借入金についてのキャッシュフローなどもありますし、あるいは株式や債券を発行したりすることによる資金の流れもこの部分に含まれるのです。

 

 

 

キャッシュフローが高ければよいのかというと、そうではありません。すべてがプラスということは、現金があまっているという状態だといえるでしょう。

 

例えば、分析方法としては、営業がプラスで投資と財務がマイナスというのが健全だと考えられるでしょう。営業によって得られた資金を適切に投資をし、そして負債を減らしているのです。